自己完結感がすごい

文体がとにかく簡潔、簡素である 難しい言葉を多様しろと言っている訳では決してないが、ただただ作者自身のみが理解、盛り上がっているような印象を受けた 読者にももっと想像し易いように話をふくらませるとい
時折、エブリスタを開いてはハートを飛ばす 大好きです、その想いをこめて
1人1人の感情を、記憶を大切に、大切に紡いで たまに暴力的なまでに感情を吐き出させてるような印象を受けてます ただ、ひたすら正直に ただ、ひたすら臆病に ただただ、ひたすら真っ直ぐに 相反するよう
38歳、上役の性格がアレか…… 一通り読みましたけど、なんだかなー 全体的にどのキャラも、年齢と言動に差があり過ぎるように感じました 受け取り手次第でしょうけれど 私には専務が大人だとも、懐が大きい
759ページ、ルナウスのファミリーネームがゼレッタになってますよー 何回読み返しても笑えるし、泣ける 喜怒哀楽が詰まってる素敵な作品 更新、楽しみにしてます!!