夜空に咲き誇る花火。鮮やかで儚く、けれど瞼に焼き付いた余韻はいつまでも消える事は無くて。 思春期の刹那的な、けれどもずっと忘れられない一度きりの恋は、まさに花火のようで。 多感な少年の時期だからこそ
8件