衣夜砥
イメージ的に、上質な洋画を鑑賞しているような気持ちになりました。 特筆すべきは言葉のセンスで、繊細な表現力に、心情、情景とも目に見えるように伝わってきます。 主人公の少年の切ない恋を丁寧に追う一方、
1件1件