自己紹介

世代や年代を問わず どなたにも読んでいただけるような そんな物語をひとつひとつ累ねて 書き連ねていきたいと思っています。 それ故、過激すぎる表現や あまりにも暴力的な内容は控えています。 小説の

固定作品

同世代の方には若かりし「あの頃」を思い出してもらえたら、若い方にはこんな時代があったことを知っていただけると嬉しいです