自己紹介

龍玄法聖がまだ新人の頃のお話。大権厳法師とまだ龍厳と名乗っていた頃のよもやま話を口述筆記のように綴っています。