自己紹介

文章を書くことが得意な方ではないけれど、魅力的なケータイ小説たちに触発されて自分でも書いてみたくなりました。 電車やバスの移動時間は、もっぱらケータイ小説の読み書きです。 自分の文章が、誰かの暇つ

作品リスト一覧 1リスト

応援リスト

作品がありません