余韻が残る怖さがある。

読みやすくすらすら読める。 淡々と書いてあるので、ホラーにしては余り恐怖感は無い。 しかし、これから恐怖感が増幅するようなシーンがジワジワと押し寄せてくるような予感を感じさせるような作品。