いるか

作り込まれた世界観。文章をとおして読者に物語を追体験させる巧みな文章術。

今作もとても没入感が素晴らしい。 本作は夢と現実を行ったり来たりして、夢を手掛かりとして蓋をしてしまった忌まわしい過去の記憶を呼び戻すという流れの作品である。 夢は最初文章を読んでもなかなか印象がつか
ネタバレあり
1件