自己紹介

数年前に太宰治の魂とリンクしてから小説との出会いが始まりました。それからは新・太宰文学を目指して、悪戦苦闘の毎日です。書けなくなったら、書かなければ宜しいのです。書きたくなったら又、書けば良い。そんな