自己紹介

雲のごとく、風のごとく 一夢庵ひょっとこ斎のように、松を疾る風となりたい、と 一人くらい、のんびりしてる奴が居ても、世界は変わらない。 ゆったりと、今日も行く 立ち止まって、道をみる 朝に、昼に,夕