雨猫
思い出にしてしまう。どっかで聞いたことのあるフレーズやと思ったら、ガリレオの『サークルゲーム』か。 ほんと、あの花と同じくこれは思い出に残るシリーズでした。 なぎさ と なつき の掛け合いに、私
ネタバレあり
雨猫
Ⅰ~Ⅳまで読み続けているが、物語へと引き込む力が異常。まるで、腐泥門に沈んでいくようにのめり込んでしまう、そんな作品。