このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

君菊~いつまでも儚く散ったあなたと供に~

小説 歴史・時代

君菊~いつまでも儚く散ったあなたと供に~

雪美花魁

時は幕末激動の時代を生きた土方歳三と舞妓君菊の美しきも儚い恋物語

休載中

2ページ

更新:2011/11/13

説明

新撰組副長 土方歳三。彼に愛され、彼の子を産んだたった一人の女子“君菊”。彼女と土方の切ない切ない恋物語。
「私の事…覚えてる?」
「お前!もしかしておキクか。。」
いつの日かの幼なじみとの再会場所は──京都島原の遊郭だった。

「お前と居ると落ちつく。隊では素の自分なんて見せれやしないからな」

「歳……」

あなたは新撰組の副長。
だけど私はただの舞妓。
私達が…一緒になれないことなんて分かってた。
会う度にあなたに溺れていく私――嗚呼。誰かこの想いを止めることができるならば止めてちょうだい。

「私を……抱いて」

幕末に生きた一人の女性の最期とは?


「全てを失った今
もう…私には生きる意味がない。
死なせて…
死なせてよ!」

初めてだったの
こんな気持ちになって
戻せない時間たちもう遅いから
離さないでいて
もっと突き上げて
混じり合いたい
あなたの鼓動に埋もれ
寂しさも悲しみ忘れさせて
許していく体と体交わる
舌を這わせ
私を呼んで
もっと呼んで
愛は死なないから
愛証/倖田來未

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雪美花魁さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません