このページのリンクアドレス

エブリスタ
記憶の彼方まで 第1巻

小説 SF

記憶の彼方まで

記憶の彼方まで 第1巻

三島 紫水

好きだから。愛しているから。大切だから。守らなければならない。

完結

499ページ

更新:2016/04/04

説明

遠い未来──、
遠い遠い銀河にて。

ナヴレウス星は覇を広げ、
多くの星が陥落し、
投降を余儀なくされた。


中でも、フィーリンテ星の陥落は銀河系を震撼させた。
フィーリンテの嘆きの王女は命を絶ち、その星の歴史に終止符が打たれる。

と同時に、ナヴレウス星の最凶のサイオニックである、
ジャッジ将軍が行方を暗ました。
それを機に、ナヴレウス星は侵略の手を休める。


それから、2年──。
銀河系は未だ、ナヴレウス星の脅威の内にある。


Information
 201004XX執筆開始
 20100501公開開始
 20101226表紙絵追加
 20120517カテゴリ内384位(モ)
 20121002カテゴリ内291位(モ)
 20130214カテゴリ内249位(モ)
 20131114カテゴリ内172位(モ)
 20131117カテゴリ内164位(モ)
 20131201カテゴリ内159位(モ)
     表紙絵変更

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

三島 紫水さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません