このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

死神ホームズ

小説 ミステリー

死神ホームズ

白沢 四季

想いの欠片を礎に、真実の片鱗を……。

休載中

1362ページ

更新:2014/04/14

説明

  
“ホームズ探偵事務所”

そんな胡散臭げな看板を掲げる事務所がここ、東京にはある。

そこを営むホームズこと峰無と、その助手であるワトスンこと神出の二人。

彼等は人外の力を駆使し、探偵業を営んでいた。

東京。

事件の絶えぬこの街で、二人は今日も難事件に挑む。

深淵への扉は今開かれた……。




FirstFile 心と歩む者達
 ―昼下がりの刺殺体事件編―
          【解決済】

SecondFile 君と交わした来世の約束
 ―東京都内連続通り魔事件編―
          【解決済】

ThirdFile 奪われた光と醜悪なる闇
 ―因縁の袂事件編、及び錯綜の密室殺人事件編―
          【解決済】

FourthFile 盤上の追走劇
 ―児童連鎖型誘拐事件編―
          【執筆中】

LastFile 歪曲するシナリオ
 ―因縁の決着編―
          【構想中】


      表紙:咲川ハナ様


───────────────

本作品に収録されている事件は、
一つ一つの事件が本来であれば一
冊の小説として確立すべき長さか
ら成り立っております。

故に長編が苦手な方は、数ページ
ずつ数回に分けてお読み頂けると
幸いです。

尚、本作は推理小説における鉄則
等を嘲笑うかのような描写が多々
使用された、邪道の推理小説とし
て執筆しております。

そう言った表現に嫌悪感を抱かれ
る方は、閲覧をお控え頂けますよ
うお願い申し上げます。

───────────────

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

白沢 四季さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント