このページのリンクアドレス

エブリスタ
お団子って美味しいですよね

小説 歴史・時代

私と狼さん達

お団子って美味しいですよね

和菓子娘

沖田によって綴られたもう一つの物語――。

完結

298ページ

更新:2016/01/17

説明


文久三年 十二月


今日から毎日、土方さんから勝手に拝借させていただいた、元句集で日記を綴っていきたいと思います。




元治元年 二月


久しぶりに日記を開きました。


寒いですねぇ。

新八さんの服装を見ていると寒いです。
そして面白くなさすぎて寒いです。

止めていただきたいものですね。




元治元年 二月


二日続けて書きます。

今日は、何も無かったです。




元治元年 二月


三日、続きました。

僕にしては、凄いです。

書くことないですね。




元治元年 二月


めんどくさくなりました。




――――――――――――




こちらの作品は、『私と狼さん達』[リンク]に出ている僕、新選組一番組組長の沖田総司が勤めさせていただきます。


とりあえず『私と狼さん達』を読んでいなければ、分かりにくいかと思いますね。


基本、僕めんどくさいことは、やりたくないんですが...頑張ります。

少しでもチラリと暇潰しとして読んで下さると嬉しい限りです。


追伸:この小説、全てが敬語になってます。
敬語口調が鬱陶しい、気にくわない方は、回れ後ろでお願いします。




 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

和菓子娘さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません