このページのリンクアドレス

エブリスタ
時空のバシレウス

小説 ライトノベル

バシレウス

時空のバシレウス

ユキノ

(2)

大きすぎる力を持った、少年の話。

完結

39ページ

更新:2015/09/05

説明

部活で書いた小説です。
最近エブ居なかった原因の一つがこれです。


いつか長編で書こうとしていたものを部活用になぜか短編で書いてしまいました!
削って削って削りまくって……急展開になって、カオスになって。
短編てむずい。
あとタイトルくそいたい。表紙絵のタイトルは部活verです。

この作品のタグ

作品レビュー

節制☆ちゃん
節制☆ちゃんさん
【作品】バシレウスについてのレビュー

ネタバレ

秘めたる原石。

それが、この作品を読んで感じた僕の印象です。

時間絡みの特殊能力、という散見される設定ではありますが、それが作中で起こっている事件ときちんとリンクしていて、かつ、ヒロインポジションの妹が犯人なのかと臭わせる展開……それに直面して露呈する主人公の精神的弱さっていう普通さが感情移入を誘発させますし、僕的には凄く好みです。

敵との戦力差が圧倒的だったり、格上が油断故にやられる等、色々と良い匂いがする部分が沢山ありました……のですが!

作者様自身も概要で述べてますが、長編だった物を無理矢理軽量化して短編にしたが故、少々残念な形に。

超展開だったり、?が浮かぶ場面もありました。

もっと煮詰めれば良作になったであろう物だけに、非常に悔やまれます。

しかし、思案の方向性と話の流れ、超常の中にある確かな現実、そしてあのラスト……可能性を感じずにはいられませんね。

そんな作者様の可能性にベット、この評価に落ち着きました。

いずれ、もっと素晴らしい作品を生み出してくれることでしょう。

頑張れユキノ氏
ヽ(>∀<)/

もっと見る

2013/11/01 15:55
コメント(4)

ユキノさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント