このページのリンクアドレス

エブリスタ
修羅の道

小説 歴史・時代

修羅の道

修羅の道

居眠り猫

(5)

バラガキと修羅が歩む道の先には何があるのか・・・ 新たな新選組伝説の始まりだ!

完結

807ページ

更新:2015/06/07

説明

幕末という激動の時代を、若者たちはどう動いたのかー
後の新選組副長・土方歳三と架空の人物・海道蔓(かずら)の二人を軸として、描く

甘い恋愛、逆ハー、禁断のBL・・・んなもん、まとめて犬にでも食わせとけ。
正義だ、大義だ、尊皇攘夷だ、云々言っている暇があったら、拳を交わせ。

人情・アクション・笑い・・・あんのかねぇ。


千年不敗神話を誇る海道紫明流の後継者・海道蔓。
武州多摩石田村在の超一流喧嘩士・土方歳三。

二人が出会ったのは偶然か、必然か。

政も治安維持も将軍警固も、この二人にかかれば只の喧嘩になってしまう。
勝つためには汚ない手だって厭わない、まさに鬼。まさに修羅。
ただしそこには決っして譲れない一筋の流儀があった。

何如なる障壁あろうとも、我らが流儀、通させて頂く。




2014.06.13
特集 絢爛時代小説[リンク]に選ばれました。
手に取って下さる皆様に厚く御礼申し上げます。

注記
この物語はフィクションですが、可能な限り史実や民俗に沿うようにしています。
しかし、浅学のため誤りがあるかと思いますので、ご指摘いただければ幸いです。

レビュー、感想、ページコメント、大歓迎です。


エッセイ始めました[リンク]
作者が日頃思っていることや本作作成の裏話的なことを書いていくつもりです。


2015.5.31完結

この作品のタグ

作品レビュー

居眠り猫さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント