このページのリンクアドレス

エブリスタ
人間、辞めました

小説 ファンタジー

人間、辞めました

人間、辞めました

八神ユーリ

(1)

人間って案外簡単に辞められるんだね

完結

219ページ

更新:2018/03/20

説明

ある日を境に人間を辞めた…



と言うか辞めざるを得なくなった。




見た目は人間でも中身は人間じゃない俺は、この世界での居場所は一つになる。




魔王軍




すなわち人間の敵である。




まだ魔王軍と人間が争わない時代であった事が幸いと言うか…救い?




そんなある日魔王軍の兵士として働いている俺に試練が!




『人間共と戦争を始める』




魔王様のいきなりの発言にどうする俺!?




とはいえ選択肢は一つしかないんだけど。





第二期(笑)『人間、辞めました。』[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

9×9=81
9×9=81さん
【作品】人間、辞めましたについてのレビュー

ネタバレ

兵役して何度目かの出撃から始める、血肉を結び合った物語。

結び合った血肉の道は、天からたらされた蜘蛛の糸のよう。主人公は、その糸を意思もなくたどっていくうちに、自分の記憶と指名を思い出していく。自分がなぜ妖怪になったのか、なぜ人と反する魔物の軍勢に徴兵されているのか。

血肉でつぐまれた記憶の旅は、残酷にも別れたはずの仲間と、敵対する立場の最中で知ることになる。それでも彼は、人であったことを忘れない。仲間との記憶を魔物の肉体にとどめ続け、状況と運命に敢然と立ち向かって。

この作品に隠されたテーマとは「忘れないこと」だと思います。

魔軍に兵として働かされ、妖怪として人なりをすべて失っても、自分が人間だった時の記憶と性格、仲間との記憶を消さずにいること。たった一つを、無意識にやり遂げているだけで、この主人公は精神的にも肉体的にも強い奴だと思います。

さて、思わぬ敵勢力と意外な作戦に強敵と、次の舞台に道が続きました。
人間はやめても、人間だったことは「忘れていない」主人公はどうなるのでしょうか。

機会があれば、続編も読みます。

もっと見る

2015/01/18 20:38
コメント(3)

八神ユーリさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません