このページのリンクアドレス

エブリスタ
時と場合によります。

小説 歴史・時代

時と場合によります。

ベル

(7)

吉田さん“これ”って私のことですか?

連載中

360ページ

更新:2017/10/14

説明

▼不定期更新ですみません。いつも閲覧して下さる方や、応援して下さる方、本当にありがとうございます。

▼本編とあまり関係のない番外編をチラッと公開しています。
【闇夜を包んだ月。】[リンク]

***
容姿は平凡、器量も平凡な少女。

心を失った攘夷志士。

二人が出逢うとき、
大切な記憶が紡がれる──。


片桐小春(17歳)

私はある日、通り魔に襲われ病院に運ばれた。

そして入院中に、謎の男に出会ったことで幕末へタイムスリップ!?

目が覚めてすぐ側にいたのは女嫌いの長州藩士で、私を物扱い!?

吉田稔麿(栄太郎)
「君、今日はいつもの団子食べないの?」


町ですれ違った人は幼馴染みかと思ったら新選組?

斎藤一
「小春、お前がす……いや何でもない」


ひょんなことからタイムスリップしてしまった私は、長州藩で女中としてお世話になることになりました。

この出逢いは運命?
それとも偶然?


*─*─*─*─*─*

読まれる前に

◇この話は恋愛ものです。

◇あくまで長州目線のお話です。

◇1ページにつき文字数多めで読みづらいかと思います。

◇今のところ史実にはまったく沿っていません。

◇主人公は現代人な為、カタカナ用語が多少出てきます。

◇時折、読み返しては編集などしております。内容や捉え方が多少変わるかもしれません。ご了承ください。

*・*・*

☆素敵な表紙(吉田さん)を
【ナカハシィタ様】に描いて頂きました。
ありがとうございますっ!

リンクはこちら→[リンク]

2013.12.21~

この作品のタグ

作品レビュー

ベルさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント