このページのリンクアドレス

エブリスタ
1.見えない読者を意識して描く!

小説 その他

E★的マンガみち[激辛注意! ]

1.見えない読者を意識して描く!

諫坂 学

(2)

プロのコミック編集者があなたのコミック・イラストを講評。

完結

17ページ

更新:2013/11/20

無料

説明

★★第11回更新(3/24 月) もう1度、基本に立ち返ろう![リンク]★★

【あなたの作品をプロ編集者が講評!度胸ひとつでエントリー!】イベント[リンク]の応募作品から、完全ランダムに1作品を選んで、プロが講評!!

第1回は「掴み所のない奴―B・S・V編―(著:子猫@R)」[リンク]

今回はマンガを書くうえで一番大事なことに触れてみた

↓↓↓過去の記事はこちら↓↓↓
第1回 見えない読者を意識して描く![リンク]
第2回 線の描き分けが原稿の質を変える![リンク]
第3回 技術と道具で見る人の五感を刺激![リンク]
第4回 キャラ立てはストーリーの中で![リンク]
第5回 間を繋ぐコマ、演出で画面と話に奥行き![リンク]
第6回 伏線の張り方が読み応えの差になる![リンク]
第7回 自分の目標をもう一度問いただそう![リンク]
第8回 細かい演出にも気をくばろう![リンク]
第9回 話をまとめる強い意志を持とう![リンク]
第10回 やっぱり「つかみ」が肝心![リンク]
第11回 もう1度、基本に立ち返ろう![リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

栄妙子
栄妙子さん
【作品】激辛注意! E★的マンガみちについてのレビュー

ネタバレ

所属カテゴリーが異なる(小説・エッセイ)立場で長年活動しているアマチュアですが、この作品で述べられている「知らない読者を意識する事」という課題は、私自身も常に大切だと感じています。

ライトノベルでは、読者が知っている小ネタを盛り込む事は、ベストセラーになるためには必要な事だとされています。

しかし、私の周りにはマンガどころかアニメのネタも知らない友人が多く、有名な作品の有名なネタを盛り込む事で、読者を引き込む必要性に大きな疑問を抱いていました。

それはプロの目から見ても、実力で勝負していない、ネタを知らない読者を切り捨てて、自分と趣味の合う読者を選んでいる事になっていると知って、とても安心しました。

好きな事だけをかいて楽しむのはアマチュアの特権かも知れません。

しかし、より多くの方々に自分の作品を読んで頂きたいと思った時、重要なのは何も知らない読者への配慮、つまり何を伝えたいかをわかりやすくする事だと、教えて頂けて嬉しいです。

常に活字を読まない読者を引き込む小説を目指している私にとっても、共感できる事が多く非常に勇気付けられました。

もっと見る

2013/11/29 14:44
コメント
子猫@R
子猫@Rさん
【作品】激辛注意! E★的マンガみちについてのレビュー

ネタバレ

はじめまして。的確なアドバイスと参考になった意見に感謝を込めて、レビューという形でお礼です。


いきなりシリーズ第一話を投稿してすみません。実は短編の漫画が二作品ありましたが、今よりも拙い作風だったのでもうちょっと描き慣れた段階だった作品を出しました。指摘通りそれ以前に直していかないといけない点に気がつきました。


エブリスタで作品出して、だんだん閲覧数や更新する時期を気にしすぎて、もっと基本的で大切な事を忘れてました。

技術の向上、読者の目線を忘れぬよう、これからもエブリスタで作品を出していきたいと思います。


諫坂 学さんの意見から気づいた事で、もしエブリスタの運営の方々へ伝える事ができたら伝えて欲しい事があります。

私は未だにガラゲーで、できるだけ読者に読みやすいように画質と台詞の読みやすさで、編集しましたがそれでも読みにくいと聞いて少しししょんぼりしました。

一ページまるまる載せると台詞が小さくなってしまうため、コマをカットした編集をしました。

ガラゲー用、PC・スマートフォン用に漫画の編集できるようになりましたがまだ読みにくく、スマートフォン派とガラゲー派で閲覧の優遇の差が出ているような気がします。

諫坂 学さんが「紙のマンガと同じ描き方、見せ方をしたほうが読者にとって読みやすいということになる。」と話を聞いて、

エブリスタでできるだけスマートフォン、ガラゲー、PC、そしてこれからもしくは初めて電子書籍に触れていく紙に慣れ親しんだ方々でも読みやすい漫画のシステムを出して欲しいです。

もっと見る

2013/11/23 22:39
コメント

諫坂 学さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません