このページのリンクアドレス

エブリスタ
Murcielago~670馬力の女~ vol.3

小説 現代ファンタジー

MILANO MAZE~670馬力の女~

Murcielago~670馬力の女~ vol.3

ぬまざわ

野生の翼、闇夜へ。

完結

37ページ

更新:2018/03/07

説明



ミラノ最速と呼ばれた男、レオナルド・クレンツェは、前回のレースで規定タイムを切ることで運び屋《トランスポーター》としてスカウトされ大金を手にするはずだった。

しかし、そこに670馬力のモンスターカーを手足のように操るダメ女、ヒューガ・エストラーダが立ちはだかる。

タイムは切ったものの、レースではヒューガに大敗。

レオの未来はヒューガに奪い去られたかに思われた折、レオのパソコンに一通のメールが届く―――。


-金さえもらえりゃ他は何もいらねぇんだ。どうか俺を使ってくれ。頼む-

-貴様は負けたのだ。我がトランスポーターコミュニティーに、敗者などいらない-

-いい加減に気付いてほしいんですよね。私があなたよりも優れているということを-



※※



現役自動車業界人が鼻息荒くして筆をとってます。

内容はレースよりもストーリー重視ですので、あらかじめご了承の上での閲覧をお願いいたします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ぬまざわさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません