このページのリンクアドレス

エブリスタ
一部 闇に浮かぶ業火と光 改修版

小説 ライトノベル

闇に浮かぶ業火と光

一部 闇に浮かぶ業火と光 改修版

源蔵 書きたいの一杯だ~

(6)

独りの光を持たない少女は独りの人喰いと出会った……

完結

289ページ

更新:2017/07/27

説明

 魔物が徘徊し、人は魔物の存在に脅えて暮らす世界。大昔には一匹の魔物のために一国が業火に焼かれた。

 事件は詩人の歌として残り、人々はそれをその国の名前からとり”アーベの業火”と呼び恐怖した。

 人々は魔物に対抗できる力を欲していた。その研究が盛んな国に彼女はいた。

 非常に将来を有望された術士だった彼女は、城下町の片隅に住んでいた。手を伸ばせば贅沢な生活が簡単に手にはいるのに、彼女はそれを望まなかった。目の見えない彼女にとって、それは何の魅力も感じられない事だった。

彼女はなにも望まなかった。

彼女はずっと一人だった。

 そんな彼女の目の前に、傷つきボロボロになった魔物が現れた。その魔物は偶然にも別の魔物に襲われていた彼女を助けてしまった。

 そして、感受性の強い彼女はその魔物が持つ心に触れることになる。

 これは、なにも望まない娘と、全てを拒絶してきた魔物との物語。

―――――――――――――――――――――

表紙絵はnagi+様に描いていただきました!
[リンク]
すてきな表紙絵をありがとうございます!

二作目 完結
蒼き空へと続く道 [リンク]

三作目 完結
白き幻は陽炎のように[リンク]

新シリーズ
紅い瞳はかく語る[リンク]

こちらもまたよろしくお願いいたします。

この作品のタグ

作品レビュー

源蔵 書きたいの一杯だ~さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント