このページのリンクアドレス

エブリスタ
一凜

小説 ファンタジー

姫物語

一凜

桃巴

(1)

少女は玉座に座る。だが、戴冠式はまだだ。敵国の若き王がその王冠に手をかける……

完結

500ページ

更新:2016/04/09

説明

何故奇跡は苦境の時にしか現れないのか?


……いや、苦境の中でしか奇跡は生まれない。


人は、平穏が奇跡であると感じることがないからだ。


物語はいつだって苦境の中で輝く。


王子がこれ見よがしに現れなくとも!
強き味方が現れなくとも!


たった独りでも、姫は奇跡に手を伸ばす。


咲き誇れ、


『凜』として……


公開開始
2015/7/19~


表紙ははるたか様に描いていただきました。
[リンク]←大きく見れます。

.

この作品のタグ

作品レビュー

桃巴さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません