このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

【新】鬼転生最弱の種族からの成り上がり

小説 ファンタジー

【新】鬼転生最弱の種族からの成り上がり

【新】鬼転生最弱の種族からの成り上がり

地獄の住民

(1)

目覚めたらゴブリンに転生……そんな事実があってたまるか!!

休載中

14ページ

更新:2016/06/03

説明

 魔物では最弱とまで言われるゴブリンは、毎日生きるのに大変である。
 人間や他の魔物に襲われ、食べ物ですら木の実や草に張り付く虫を食べて過ごすのが当たり前。

 力を持たぬが故に。

 そんな種族に、哀れにもなってしまったのが、日本男児、本田 剣二(ほんだ けんじ)である。

 彼は、目が覚めたらゴブリンに生まれ変わっていた。
 幸か不幸か、人間だった頃の記憶を持って。

 力を持たぬゴブリンという種族。
 醜い化け物になった現実を受け止められない思い。
 人間に戻りたいと思う気持ち。

 この世界で生き残れるか不安に感じる剣二だが、彼には普通のゴブリンにはない、力があった。

 スキル『限界突破《リミットオーバー》』

 肉体の限界を超えるスキル。強力ではあるが、その代償もある。
 このスキルを多用すれば身体のあらゆる所が壊れ、最後に待っているのは……死。

 それでもその力を使わなければ生きる事は出来ない。
 戦って、戦って、戦い続けて、彼は進化していく。
 その先が血塗られた道であっても。

 過酷な世界で、彼はもがく。

 生きる為に……。




 毎日更新を一応目標にしています。
 更新する時間帯は主に深夜0:00です。ですが、調子が良い時は何回か更新すると思うので、楽しみにしていただければと思います。



 この作品は残酷な描写が含まれています。苦手な方はそれを踏まえたうえでお読みください。

 この作品は【鬼転生<最弱の種族からの成り上がり>】のリメイク版でございます。
 この作品が完結できるよう、頑張りたいと思います。

この作品のタグ

作品レビュー

地獄の住民さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント