このページのリンクアドレス

エブリスタ
クリア・スカイ

小説 青春

クリア・スカイ

滝沢美空

(1)

いつからだろう、空を見ても美しいと感じなくなったのは。

完結

336ページ

更新:2016/07/25

説明

「ねぇ、ほたる。
 あなたはどうして死のうとしたの……?」


澄ノ島に住む高校生の陽咲と駆は、
幼なじみのほたるが起こした出来事が原因で
心を閉ざすようになった。


そんな二人が夏の終わりに出会ったのは、
東京から観光に訪れた大学生の青年。


彼との出会いにより、
陽咲と駆はほたるの本当の想いを知っていく――。


*恋愛&友情&家族モノ&ちょっぴり不思議なお話です。
*他サイトにも転載しております。

*************
空野 陽咲(そらの ひさき)
澄ノ島(すみのしま)に住む高校一年生。
明るい性格だが、高校では一人で過ごしている。

柳 慶(やなぎ けい)
東京から澄ノ島に観光に訪れた大学生。
いくつもの島を一人で巡っているようだが……?

宮村 駆(みやむら かける)
陽咲の幼馴染で高校一年生。
子供の頃からサッカー選手になるのが夢だったが
今はサッカーを辞めている。

海堂 ほたる
陽咲の幼馴染で中学三年生。
かわいらしい見た目と優しい性格により
島民からは“天使”と呼ばれている
*********************

書籍化情報

書籍名:羽根のない天使、こぼれ落ちた宝石(いし)

出版社:三交社

発売日:2018/07/10

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

滝沢美空さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント