このページのリンクアドレス

エブリスタ
死神さまに恋文を

小説 ミステリー・推理

「死神さまに恋文を」

死神さまに恋文を

高月 望

(1)

物語はハッピーエンドだけじゃない。生と死を巡るライトミステリー

完結

123ページ

更新:2017/07/27

説明

八年前のある出来事をきっかけに、死者や死そのものを視る力、死視の力を持ってしまった少女市川結。ある日、死の現場でとある青年と出会った。彼の名は黒崎シキ。彼はなんと生と死のバランスを見守る死神だった。

そんなある日、マンションから女性が飛び降り自殺をした。気になり現場に向かうと死神の彼がいたのはもちろん、驚いたことにその女性が幽霊として現れた。そして彼女はあるお願いをする。「自殺する前、三つの不幸が私を襲いました。でも、これら三つの不幸は偶然ではないような気がするんです。どうか調べてくれませんか?」
女性を襲った不幸は、偶然か必然か。少女と死神が見つけた真実とは? (第一話より)

少女と死神が出会うさまざまな生者や死者。彼らが紡ぐ、ときにやさしくときに悲しい物語とは……

※2016年「新潮文庫 ミステリー&エンターテインメント賞」中間選考通過作品です。
※2017年7月、少しばかりの加筆・修正を行いました。
※2017年SKYHIGH文庫賞 中間選考通過作品です。

第二弾「死神さまに愛を込めて」もございます。そちらもぜひ御覧ください。

この作品のタグ

作品レビュー

高月 望さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント