特集

面倒くさがり死神と視える私の心霊調査

残念イケメンな死神&女子高生コンビでおくるオカルト系ライトミステリー

高月 望

2時間46分 (99,087文字)
2016&2017年エブリスタ小説大賞、最終選考作品です

338 1,789

あらすじ

八年前のある出来事をきっかけに、死者や死そのものを視る力、死視の力を持ってしまった少女市川結。ある日、死の現場でとある青年と出会った。彼の名は黒崎シキ。彼はなんと生と死のバランスを見守る死神だった。

感想・レビュー 1

情景描写が非常に丁寧で、文章力もまるでプロのようだと思いました。 何より話が深い! 色々と考えさせられました。 たくさんの思いが詰まったラストには涙が出そうになりました。 結がシキの一言に罪悪感か
ネタバレあり
2件1件

この作者の作品

もっと見る