このページのリンクアドレス

エブリスタ
修復士の祈り

小説 ミステリー

修復士の祈り

渡波みずき

(1)

友人に騙されて訪れたのは、うつくしい洋館だった

完結

177ページ

更新:2017/07/07

コメント:2018.08.07実業之日本社文庫より発売!

説明

女子高校生の"ひより"は、友人の家の別荘に、二泊三日で遊びにいくはずだった。友人は待ち合わせ場所に現れたひよりにむかって、今回の別荘行きが「修理の立ち会い」のためであるとうちあけ、ひよりに厄介ごとを押しつけて、いなくなってしまう。おとなしいひよりは、押し切られるかたちで別荘「翡翠館」を訪れるが、そこはどうやら幽霊屋敷で── ほんのりとホラー要素あり。少女のこころの成長を描く青春ミステリ。

11月24日号新作セレクションに掲載されました!

書籍化情報

書籍名:翡翠の色の、君だけの夏。 視える修復士と洋館の謎

出版社:実業之日本社

発売日:2018/08/03

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

春野 サホ
春野 サホさん
【作品】修復士の祈りについてのレビュー

ネタバレ

エブリスタ版をチョロっと読んで、良さげだったので小説の方を買って読みました。
すごく良かったので、こちらにですが感想を書きに来ました。

修復士というあまり身近ではない職業が題材でしたが、分かりやすくかつおもしろく、ページをめくる手が止まりませんでした。
キャラの方も、遊佐さんはスマートでかっこいいだけでなく、彼が修復士になった理由も語られて、等身大のキャラとして感じられました。
主人公の成長も応援したくなると同時に、見ていてすっきりとしました。ありだけの仕打ちをされたのに、綾子にお金を投げ返さなかった主人公からは心根の真っ直ぐさもよく感じられます。主人公のこと大好きです。

話はきちんとまとまっていました。複雑でない軽いミステリーで、読後はまさに爽やか。ホラー描写には、思わず内心「ひえっ」と思わされました。

ああ……!
色々、お伝えしたいことはあるのに上手くまとまりません!

ただ一番思っているのは、もっと、このキャラ達の物語を見てみたいということ。
遊佐さんと主人公の、関係の進展にも期待しちゃいます。

シリーズ化を熱望してます!

もっと見る

2018/08/13 17:37
コメント(2)

渡波みずきさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント