このページのリンクアドレス

エブリスタ
修復士の祈り

小説 ミステリー

修復士の祈り

渡波みずき

友人に騙されて訪れたのは、うつくしい洋館だった

完結

177ページ

更新:2017/07/07

コメント:2016-2017新潮文庫ミステリー&エンターテインメント賞最終選考

説明

女子高校生の"ひより"は、友人の家の別荘に、二泊三日で遊びにいくはずだった。友人は待ち合わせ場所に現れたひよりにむかって、今回の別荘行きが「修理の立ち会い」のためであるとうちあけ、ひよりに厄介ごとを押しつけて、いなくなってしまう。おとなしいひよりは、押し切られるかたちで別荘「翡翠館」を訪れるが、そこはどうやら幽霊屋敷で── ほんのりとホラー要素あり。少女のこころの成長を描く青春ミステリ。

11月24日号新作セレクションに掲載されました!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

渡波みずきさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント