このページのリンクアドレス

エブリスタ
ウチのエリート学生が申し訳ありません。

小説 ファンタジー

ウチのエリート学生が申し訳ありません。

中村 貝

(14)

俺は早く隠居したいんだ。 / 挿絵追加

連載中

1138ページ

更新:2017/11/18

コメント:P.1100に挿絵を追加しました(11/14)

説明

「俺は手段のためなら目的を選ばない」

 彼は、異世界のエリート養成学府、「王立アカデミー」で寝起きする学生。

 その中でも、特に成績優秀な "マエストロ" と称されているが、実際の所は頭のネジがブッ飛んだ "変人" 。 その事について、本人には自覚症状が全くないという、大概な男なのである。

 魔術で石に穴を開けては喜んだり、錬金術で妙な物体を造り出しては喜んだり……。

 そんな彼の生活に悪影響…… もとい、アクセントを与えるのは、双子の妹たちだったり、どういう訳か国の王女だったり、遥か北方で生活しているはずのエルフ娘だったり、幻獣だったり、同級生だったり、使用人だったりするのだ。

 もちろんこの方々も、ネジが足りなかったりポンコツだったりアホだったり貧乳だったりするから始末に困る。

 とにかくドタバタファンタジー。

 今日はいったい何が起きるんだろう。


 これまでの挿絵集 → [リンク]

 表紙/挿絵:Nokko様([リンク])
 コミカライズ始動:ヒロ㌧様([リンク]、[リンク])

 ※ PC/iPad等で閲覧すると、大きい挿絵が見れますよ!
 ※ 個性派キャラ特集で取り上げて頂きました(2017年2月)
 ※ 序中盤の校閲と肉盛りを行いました(2017年7月)

この作品のタグ

作品レビュー

さんでん
さんでんさん
【作品】ウチのエリート学生が申し訳ありません。についてのレビュー

拝読しましたのでレビューさせていただきます!

あっさりとした会話劇がメインのギャグコメディ小説です。難しい話や展開がないので、するすると読めてしまいました。
隙間時間にあたまを空っぽにして読むにはうってつけではないでしょうか!

読む前にページ数を見て結構ボリュームあるのかな?と思っていましたが、実感としてはテンポよく進むのもあって、もうこんなに進んでたのか!と思うくらい軽かったのでビックリしました。

主人公を取り巻くキャラクターの個性が強く、挿し絵も魅力的なのですぐに世界観に馴染んでしまいます。挿し絵も可愛いですね。
錬金術や魔術の腕、アカデミー生でありながら完璧に講義をこなす主人公は、文武両道ですごく強いキャラクターのはずなのですが、ドタバタコメディで台無しになってしまうギャップも面白かったです。

気軽にファンタジーな世界を楽しみたい、軽くて笑えるほのぼの小説が読みたい方にオススメです。

なお、小説内で双子を次女、三女と書いてあったのですが、長女長男の数え方でいうと長女次女が正しいのでは?と少し気になりました。
他にもいくつか誤用や一般的でない用法があったので、校正される際は修正されるといいと思います。

もっと見る

2017/09/30 09:20
コメント(1)
羊沢直樹
羊沢直樹さん
【作品】ウチのエリート学生が申し訳ありません。についてのレビュー

 総じて、エンターテイメント性の高い作品です。
 続きも気になりますし、何よりキャラが活き活きしてる。

 ギャグファンタジーとしての完成度は、目を見張ります。

 描写が少なめという、既出のレビューに対しての回答も、後章に進むにゆき改善されて、より良い内容になっていますね。

 凄いと感じたのは、「挿絵」を非常に強く活かしていること。
 単なる描写フォローとしてのツールとして用意しているのではなく、総合したプロデュース能力を駆使しておられると感じました。

 これが意図してされているのか、偶然の産物なのかは、作者様のみ知る所ですが、下手な書籍化作品より遙かに素晴らしい。

 別作品の「ソラの申し子」と「潮と銀翼」も拝見しましたが、レベルの高い文体、描写、心情、それらをウチエリに反映してゆけば、さらに素晴らしい作品になるのでは。

 と思いましたが、ポップでライトなこちらの作品世界は、これはこれで良いかなと思います。

 試行錯誤が続くかと思いますが、応援しています。

 つたないレビューで申し訳ありませんでした。

もっと見る

2017/09/24 22:58
コメント(1)

中村 貝さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント