このページのリンクアドレス

エブリスタ
ウチのエリート学生が申し訳ありません。

小説 ファンタジー

ウチのエリート学生が申し訳ありません。

中村 貝

(19)

俺は早く恩給暮らしをしたいんだ。

連載中

1785ページ

更新:2018/12/12

コメント:「反則級の○○」準大賞、感謝です

説明

「俺は手段のためなら目的を選ばない」

 彼は、異世界のエリート養成学府、「王立アカデミー」で寝起きする学生。

 その中でも、特に成績優秀な "マエストロ" と称されているが、実際の所は頭のネジがブッ飛んだ "変人" 。 その事について、本人には自覚症状が全くないという、大概な男なのである。

 魔術で石に穴を開けては喜んだり、錬金術で妙な物体を造り出しては喜んだり……。

 そんな彼の生活に悪影響…… もとい、アクセントを与えるのは、双子の妹たちだったり、どういう訳か国の王女だったり、遥か北方で生活しているはずのエルフ娘だったり、幻獣だったり、同級生だったり、使用人だったり、人外だったりするのだ。

 もちろんこの方々も、ネジが足りなかったりポンコツだったりアホだったり貧乳だったりするから始末に困る。

 とにかくドタバタファンタジー。

 一体どこへ行ってしまうんでしょう、この残念な彼。

 ユルくヤワく展開してゆきます。。。

 これまでの挿絵集 → [リンク]
 これまでのキャラ → [リンク] (追加予定)

 表紙/挿絵:Nokko様([リンク])
 コミカライズ始動:ヒロ㌧様([リンク]、[リンク])

 ※ 2016年11月27日から連載を開始しています。
 ※ PC/iPad等で閲覧すると、大きい挿絵が見れますよ!
 ※ 個性派キャラ特集で取り上げて頂きました(2017年2月)
 ※ 序中盤の校閲と肉盛りを行いました(2017年7月)
 ※ 反則級の○○で準大賞を頂きました(2017年12月)

この作品のタグ

作品レビュー

新垣蛍
新垣蛍さん
【作品】ウチのエリート学生が申し訳ありません。についてのレビュー

ネタバレ

イベントにご参加いただきありがとうございます!
遅くなってしまったこと、また、参加順とレビュー順が前後してしまったこと、申し訳ありませんでした。
僭越ながら、レビューさせていただきます。

書き始めと現在での書き方が違っているか気になるとのことでしたが、情景描写がだんだんと細かくなっていくのは感じられましたが、特に気になるような違和感はありませんでした。
キャラの性格や話し方にもズレはなく、会話やト書きのテンポが非常に良いままで進んでいき、安定した面白さがある作品だと思いました。

先ほど触れた情景描写に関しまして、以前序中盤の推敲をされたとのことで、もともとの文章よりも描写が足されているのかなと思います。
それを含めても、後になるにつれて描写が詳細になっているな、と。
心の声やキャラの行動描写のあたりは序盤からそこまで変わらないのですが、情景描写はかなり細かくなっているように感じます。
個人的な意見ですが、情景描写もそこまで詳しくしなくてもいいのかなと。
せっかくト書きも含めたテンポの良さがある作品ですので、描写をたくさんすることでテンポがそこだけもったりとしてしまうのはもったいなく思います。
一文を細かく句点で切って二文にするなど、テンポを邪魔しないようにしながら描写するのもありなのかなと。
一文を長くするのは、意図的に雰囲気を重くしたいとっておきの時だけに絞ってみてはいかがでしょうか。
あくまで一個人の意見ですので、無視していただいてもかまいません!

すてきな作品をありがとうございました!

もっと見る

2018/03/11 06:10
コメント(1)

中村 貝さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント