このページのリンクアドレス

エブリスタ
遠音の海~トオネノウミ~

小説 ミステリー・推理

遠音の海~トオネノウミ~

ケーナ

(3)

しゃべる猫と、鎌倉野菜と、湘南の海と風。

完結

248ページ

更新:2017/09/27

説明

※これから読む方のために、読み終わった方はネタバレなしでお願いします。


*******

 病で余命宣告された西浄貴和美(さいじょう きわみ)は、病気回復祈願のため鎌倉を訪れていた。

 ベンチの上で休む猫「天糺」に呼び止められ、鎌倉野菜の創作料理屋「三糺(さんきゅう)」に足を踏み入れる。
 そこで店主の土方一楽(ひじかた いちらく)と出会う。一楽は、貴和美のために命をあざなう料理をふるまう。


*******
貴和美の「病気が治ったら叶えたい夢」

①素敵な恋人を作って、デートする。
②恋人と海へ行く。
③恋人とドライブする。
④恋人と月を見る。
⑤恋人と綺麗な景色を見る。
⑥恋人と素敵な夕焼けを見る。
⑦恋人と綺麗な夜景を見る。
⑧恋人と綺麗な花を見る。
⑨恋人と蛍を見る。
⑩恋人と花火を見る。
⑪恋人と浴衣を着て夏祭りへ行く。
⑫恋人と美味しい料理を一緒に食べる。
⑬恋人と紅葉狩り。
⑭恋人と雪の中を歩く。

*******


2017.7.4 連載開始
2017.9.26 完結しました。このあとはちょこちょこと校正します。


「新作セレクション[8/10]」にセレクトされました。
ありがとうございます!

2017.9.3 お知らせ
たくさんの閲覧とスターをありがとうございます。
個別のお礼はできていませんが、スターを投げてくださった方のお名前は全て読ませていただいています。

この作品のタグ

作品レビュー

ケーナさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません