このページのリンクアドレス

エブリスタ
贖いの言葉を

小説 恋愛

贖いの言葉を

碧靄

「――私、あなたを信じてる」その言葉が胸に届くとき――。

完結

24ページ

更新:2017/09/07

コメント:願わくは、最後のこの言葉までお付き合い頂ければ。※贖(あがな)い

説明

病院で入院している彼女『ユウキ』は、ある病状を抱えていた。
それは、短期的な記憶障害。
記憶に欠落を抱える彼女は、他人を受け容れられずにいた。
唯一の例外が残された記憶に映った彼『ハル』。
消えた空白の記憶が、いまのふたりをつなぐ鍵となっていた――。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

碧靄さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません