このページのリンクアドレス

エブリスタ
エレクトリカル・デイドリーム

小説 SF

エレクトリカル・デイドリーム

福本士富

電脳では無敵、現実では虐待児。クエストクリアで元の10才男児を目指せ。

完結

179ページ

更新:2018/01/19

コメント:誤字などあればお知らせください

説明

毎日0時更新 全15話構成 3人称 キャラクター視点 ほぼ主人公から動かず

・ストーリー
電脳世界、そこでは接続時間がものを言う。
物心つかない頃から電脳世界に監禁された少女、救出された時には無敵のスキルを持っていた。
しかし当人は自分を10才男児だと思っている。
「ここはニセモノの世界。クエストをクリアして元の世界に戻るぞ!」

・登場人物

 アキラ・シラユキ 15才 女 電脳歴122655時間 「ひとりシンギュラリティ」
  3才頃から電脳世界への接続を継続し、その精神はずっと仮想空間で過ごしていた被虐待児童。
  当人の意識がアバターなど環境の設定に影響を及ぼした為小さい頃に「男の子になりたい」と思って男子化、「大人になりたくない」と思ったため10才で固定されたまま数年が経過していた。
  筋肉への電気刺激も備える介護椅子で生活(監禁)されていたのでかろうじて日常生活は行えるが、体力は極端に無い。
  仮想空間のNPCに過ぎなかった母親との再会を目指して行動する。

 ルーシー・アファール 15才 女 電脳歴700時間程度 「体育会系先祖返り」
  機械文明を否定する集落の中で暮らしていた為必要な電脳教育を受けてこなかったことが問題視された虐待児童。
  集落での暮らしには問題が無いことを証明する目的で都市の学校へ移るが、幼児レベルの電脳技能もない為苦労している。
  年々下降の一途をたどる同年代の平均に比べ著しく高い運動能力を誇る。長く自然から離れると精神が不安定になる。
  同じ「被虐待児」として編入してきたアキラに関心を持つ。

 デイジー・グレース 17才 女 電脳歴14600時間
  アキラとルーシーが籍を置く学校の生徒会長。「平均よりがんばってる」程度の電脳スキル。一般生徒よりもアカウントが強い。
  校内のハッカー集団に手を焼いていて、破格の電脳スキルを持つ新しい転校生に目を付ける。その前の転校生の時には逆に電脳が苦手だと聞き面倒を見ようとしたものの持ち前の人格と態度が災いして嫌われてしまった。その他の生徒に対しても持ち前の人格と態度で嫌われてしまっている。当人はそのことを自覚しないよう努めている。

・備考
 タイトルを「ちんこ返せクエスト」とどちらにしようか迷いました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

福本士富さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント