このページのリンクアドレス

エブリスタ
家に事件は必要ない

小説 ミステリー

家に事件は必要ない

春夏秋冬

(4)

家に事件を持ち込む女房

完結

139ページ

更新:2018/10/03

コメント:応援して頂けたら嬉しい限りです。

説明

女房が事件を家に持ち込む。
夫婦の間に事件は必要ないんだ。
夫婦の主人こと愛之助はミステリー作家だ。
事件を持ち込む女房の晶子に謎を解かされているのだった。
事件は小説の中だけにしてくれよ……。

この作品のタグ

作品レビュー

冬野友
冬野友さん
【作品】家に事件は必要ないについてのレビュー

東西南北さんへ。こんにちは。イベント主催者冬野でございます。設定の面白いワクワクストーリ。読ませていただきました。

推理小説家と刑事の夫婦。何も起こらないはずがないですね。笑。この設定だけでお茶碗三杯はいけますね(意味不明)。そしてさりげないやり取りでクスリとさせられました。4ページの「このままじゃ……柔肌が荒れちゃうわよ」というところは上手いなぁと感じました。どうぞこれからも、魅力的なキャラクターと設定で、面白い物語を書いていってください。

率直でシビアな感想をということですので、率直に書きます。全体として、設定に対応した筆力が足りないと感じました。いいえ、私も筆力がないので人のことは言えません。共に成長できればと思っておりますが、特に、不明瞭で感情の乏しい文章が散見され、読みにくさを感じました。

例えば2ページ「伸ばした髪を……際立たせる」、3ページ「生み出していた新人作家なのだ」、同3ページ「なので……受け持っているからである」などの文章は、意味が伝わりにくく、視点も不明瞭です。5ページの「『ああ、あの稲永かあ』愛之助は得心がいったように頷いた」というのも決して悪くはありませんが、有名人が殺されているのに、あまりに冷静というか達観しているというか。もう少し驚きがあってもいいのではないかと感じました。

色々指摘してすいません。作者様にはセンスがありますから、今後の更なるご活躍をお祈りしております。ご参加くださりありがとうございました。

もっと見る

2018/05/04 22:03
コメント(1)

春夏秋冬さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント