僕はすでに壊れていた。

少女の死の映像と命を狩る指先の──物語

太田行人

ホラー 休載中
22分 (12,964文字)
ホラーのようで、読み手次第の作品。

23 515

あらすじ

西明良介《さいみょうりょうすけ》は保健室で目を覚ました。なぜ、ここにいるのか? ……覚えていない。 保健室に何故いたのか、十歳の時に事故で記憶が消えてしまった良介はここ数年の記憶を消えたのかと疑う。

感想・レビュー 3

怖い……

読み進める事に恐怖がどんどん増していきます…… ホラーは初めて読みましたが面白かったです
1件1件
文章力が非常に高い筆力家。 読み進めていく度にページが簡単にめくれていく。 ホラーは人によって書き方は大いに違うと思います。 このホラーはなんでしょうか。とても奥が深いものになっていますね。第一章まで
ネタバレあり
非常に読みごたえのある作品 文章が紙媒体を意識しており、その中で奥ゆかしい恐怖を感じます 恐いのが苦手な方でも読める仕組みになっていてそれも好印象 だからって恐くないのかは少し違います 本当に深く考え
1件

この作者の作品