このページのリンクアドレス

エブリスタ
いつか、俺が俺を好きであるとき

小説 ヒューマンドラマ

いつか、俺が俺を好きであるとき

gaction9261-群星-

(2)

自分を、世界を、巻き戻す。

完結

211ページ

更新:2018/04/08

説明

 交通事故により、家族と、自らの記憶の大部分を失った柏木恵一。

 失われたものを探しもがく毎日の中で、担当の医師、さくらとの間にほのかな恋心が芽生え始める。満ち足りていく日々のその一方で、柏木は自分が無意識下で綴っている断片的な走り書きが、ことごとく未来を予測していることに気づく。

 記憶と引き換えに得たもの、それは未来予知の能力なのか? 逡巡する柏木の前に、その能力に感づき、利用しようと目論む不穏な影と、さくらを狙う恋敵の姿がちらつく。

 これは柏木が「本当の自分」を取り戻すまでの、青春群像劇。

この作品のタグ

作品レビュー

gaction9261-群星-さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント