このページのリンクアドレス

エブリスタ
鎖家の犬

小説 ミステリー

鎖家の犬

ろく

(5)

人は人からそう思われることで初めて人となる

完結

4ページ

更新:2018/06/14

コメント:ほぼ初めての投稿&作品です。拙いですが最後までお付き合いください。

説明

説明文がありません

この作品のタグ

作品レビュー

ポリアンキ
ポリアンキさん
【作品】鎖家の犬についてのレビュー

イベントにご参加いただきありがとうございます。

主催のポリアンキというものです。

レビューイベントなのですが、この作品についてはレビュー以前に指摘する箇所がございますので、コメントという形で今回幾つかアドバイスをさせて頂こうと思い、伺いました。 

ですので、是非ともここは怒らずですね、その道の意見として耳を傾けていただきたいなと思うんです。

一応読ませて頂いたんですけど、気になる事が数点ありました。

今回、畏れながら申し上げるのは、以下の点ですね。

◆三点リーダ(…)、それと全角ダッシュ「―」。

これって小説としては基本……や――というふうに2回書くんですよね。
それと、三点リーダを・・・や、、、、全角ダッシュをーーや--という風に書かれる方もいます。
もしも大賞等狙っておられるのであれば、これだけで撥ねられたりもするので、この辺について今一度考慮して頂きたいなと思います。

◆段落の頭には全角空白。

基本的に小説は、段落ごとに空白をあたまにいれます。
Web小説の多くは改行を多用し、これをやらない方が多くいらっしゃいますが、今回の書き方の場合は必要かと思われます。
勿論、なくても通じますが、見せ方が違うので参考に。


――こんなところですね。

勿論、そのままでもいいかもしれませんが、個人的には惜しいと思いコメントいたしました。

これから、きっともっといい作品に仕上がると思っております。

こういう未来ある作品には全てコメントさせていただいております。

ですので、上記で思うところございましたら、是非とも推敲されてみてください。

それでは失礼致します。

もっと見る

2018/04/19 21:28
コメント(1)
白羽莉子
白羽莉子さん
【作品】鎖家の犬についてのレビュー

ネタバレ

イベントから参りました、白羽です。今回はご依頼ありがとうございました!
レビューをさせて頂ければと思います。

ミステリーというよりは、ホラーですね。この手の作品は読んでいるこっちが辛くなります。親だけではなく、警察に行ったとはいえ、主人公もどこか狂っているように見えてしまいます。虐待されると脳がおかしくなってしまうらしいですからね。淡々とした語り口と物語の内容がうまく噛み合っていたなあ、と感じます。
まあ、物語とはいえ、主人公のこれからが心配になってしまいます。

《驚けたかどうか》
 驚いたというよりも納得をしたというのが正直なところ。絵を描いた時点で、人間だというのは伝わってきましたので、少し驚きました。描写の仕方にまんまと騙されました。おみごとです。


気になることとしては、読みにくさ。
文章がよくても、ケータイから読む人が多いので、ぎゅうぎゅうづめは読みにくくなります。
文章と文章の間をあけることよりも、段落を小分けにしていくとよいかと思います。

面白い作品をありがとうございました。

レビューさせて頂き、ありがとうございました!

もっと見る

2018/04/14 20:04
コメント(2)

ろくさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント