このページのリンクアドレス

エブリスタ
あの海の下から

小説 ファンタジー

あの海の下から

横田 ねこ

死を決意し、荒れくる海に飛び込んだミナ。彼女は死んだ...はずだった。

連載中

4ページ

更新:2018/05/13

コメント:荒れ狂う海に身を投げたミナが目覚めたのは、窓の無い見知らぬ屋敷だった。そこで彼女が体験するものとは?生きるとは何か

説明

死を決意し、荒れ狂う海に身を投げたミナ。彼女は死んだ...はずだった。
窓の無い、見知らぬ屋敷で目覚めたミナ。彼女は、海に飛び込む以前の記憶を無くしていた。
屋敷にはミナと同じように、自ら死を選んだ者たちがそれぞれに思いを抱えながら暮らしていた。彼らと生活を共にしていくうちにミナは、徐々に記憶を取り戻していく。
彼女は何故死を選んだのか?そして窓の無い屋敷の正体とは? 切ないミステリーファンタジー。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

横田 ねこさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント