このページのリンクアドレス

エブリスタ
神山のつくば――日高見国戦記――

小説 ファンタジー

神山のつくば――日高見国戦記――

うろこ道(※1/9まで更新低下します)

(3)

【挿絵付き】古代日本を舞台にした歴史ファンタジー

完結

540ページ

更新:2018/12/09

コメント:ファンタジーコンテスト「世界」応募作品です。

説明

 時は三世紀――古代日本。
 北の大国・日高見国は、大和連合国の脅威から自国を守るために国外に前線基地を求め、吾妻と呼ばれる一帯を手に入れようとしていた。
 日高見国の若き王・那束は、軍神のごとき強さで国々を攻め落としてゆきながらも、冷酷に敵を斬り捨ててゆく自分の中の化け物に恐れを覚えていた。
 そんなさなか、那束は、播埀国との戦で、敵である播埀の媛に心を奪われてしまう。
 那束は、媛の命を助け、共に生きることに救いを求めたが、媛はそれを許さなかった。
「ひとりで血まみれの道を歩いてゆくがいい」媛はそう言い残し、命を絶つ。
 身も心も傷ついているにもかかわらず、それでも戦えと強いられる那束の苦悩と葛藤。
 日高見王、那束の救いはどこにあるのか――――。


◆挿絵について
 本文は完結しましたが、挿絵は引き続き増やしていく予定です。

この作品のタグ

作品レビュー

うろこ道(※1/9まで更新低下します)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント