第二回カイダンク ホラー作家 平山夢明による、一句で怖い、怪談募集

このイベントは受付を終了しました。

応募するにはログインしてください。

会員登録する

参加作品を見る

現在の投稿数

平山夢明家元のフライングチェック!


  • 愛人宅


    「おかえり」


    血だらけな妻の笑顔に迎えられ


    リコさん

    これ、一瞬なんのことだ?と思いますが頭のひと言を読み返すと実はいろいろなことが終わったところに飛び込んだんだ、怖っ!となりますよね。秀作です。

  • 美女を誘拐した。テレビをつけると拐った美女が連続殺人犯として指名手配されていた


    東雲 桃矢さん

    なかなか上手な落とし所です。女性にしたところが良い!

  • 私のことをキライになった
    貴方の両目を抉り取る
    これで貴方は 私なしでは
    生きられないでしょ?


    松波 ゆうきさん

    スプラッダン句ですな。執念が匂い立ちます。

  • ドボン!

    湯船に何か落ちる音。

    慌てて手を入れるが、何かに引きずり込まれた。


    Cowji さん

    構成は見事ですが、最初のドボンが全体のムードを陽に側にもっていきがちでしたね。

  • 四六時中 twitterで呟いてたら 喋れなくなり

    スマホを見ると 口がついてた


    奏音 美都さん

    魔物的な展開が面白いです、画が浮かびます。

  • 雨と雪の日は嫌いだ。人の形をした、濡れない場所を見るから。


    ghostwriterさん

    斬新!目の付け所に才能を感じます。

  • スマホをいじりながら歩いていたら、誰かと肩がぶつかった。
    「……すみません」
    謝られてそちらを向くと、献花の置かれた電柱だけがあった。


    雪鳴 月彦・書籍発売中!さん

    これは『謝った』では怪談になりません。『謝られた』としたところに作者の工夫がよく見られます。

  • 真夜中の学校、
    給食室の鍋で煮込まれる犬や猫


    夢野津宮 さん

    給食室というのも斬新なんじゃないでしょうか?むせ返るような臭いが感じられます。

  •  最近、私の顔色が悪いと心配して夫が朝食を用意してくれた。
     早速トマトジュースを口にすると、血の味だった。
     穏やかに微笑む夫の顔を見て、血の気が引いた。


    紫倉紫@ひたすらリニューアル作業中さん

    怪奇風にまとめてありますが、句として意識されると更によくなられます

  • 『草食系男子治療会ちりょうかい』で映画上映。

    延々えんえんと流される

    動物や昆虫の交尾こうびシーン。


    大河 増駆(たいが ますく)さん

    ちりょうかい、えんえん、こうびが何故か感じの後に重ねられているところが不気味 作者が怖い!

  • 扉の外から「入れろ」の声がする。

    核シェルターに避難できずに死んだ人達の声が。


    アンマンマンさん

    SF風味に挑戦する姿勢に好感がもてます。これもひとつのカイダンクですね

  • テレビに手形が付いていた
    布巾で拭いてもとれなかった
    どうやらテレビの内側に付いているようだ


    松波 ゆうきさん

    ありがちな光景を下の句で上手に捻ってあります。削りを入れると更にカイダンがマシます。

  • 少年はガラスのボトルを海に投げた
    中には世界を夢見た友の眼球


    岩永和駿さん

    ブラッドベリを思わせる風味が素晴らしい。こういうアプローチもありかもしれませんね。

  • うちの犬可愛いよ
    「タスケテタスケテ」って鳴くの


    ひとくいさん

    なぜなの?ほんとに犬なの?短さの中に、いろいろな想像ができる秀作

  • 「おめでとうございます。出席させていただきます」

    親戚や友人たちから続々と送られてくる結婚式への出席を知らせるハガキ。


    ………………………………………………………………私、結婚するの?


    紗綾さん

    発想はユニークですが、下句がやや弱い気が


  • 海で転んだ傷が未だにかゆい。
    背中をかこうとシャツに手をつっこむ俺の指先に、
    フジツボの感触がざらりとあたった。


    渋谷東子さん

    はい。超有名なフジツボ綺談の亜流です。背中にしたところがミソ?


  • 妻を殺した。
    誰も知らない山奥に棄てに行った。
    掘った場所から、最初の妻と二番目の妻が出てきた。ここ、埋めやすいから。


    ghostwriterさん

    ミステリー風味ですが、恐怖が薄味です


  • 合コンで にこやかな笑顔の女性陣

    テーブルの下で スマホを握る

    罵詈雑言の選評会


    奏音 美都さん

    人の邪気についてですね。説明でなく描写になっていると凄みがマシます。


  • 「ねえ、心中しんじゅうしようよ」

    若い妻に誘われるたびに

    増えていく生命保険


    大河 増駆(たいが ますく)さん

    これもミステリー風味ですが、視点の逆転があるとなお良し!


  • 成人の両手両足を根元から切断すると、スーツケースに収まる。


    ghostwriterさん

    ゾッとします。取説のような言い方も面白い!


  • 患者さんが写真を見せる

    「この顔に、なりたいんです」

    私の顔だった


    奏音 美都さん

    これは巧い!下の句できれいに展開を拾っていて、かつ決着をつけてます


  • 真冬なのにロングからショートにばっさり髪を切った彼女が、誕生日プレゼントに手編みのマフラーをくれた。
    真っ黒でカッコいいんだけど、やけに
    チクチクするんだよな。


    快紗瑠さん

    出オチの感がありますが、それでも描写に徹したところが好感もてます

平山夢明家元 プロフィール写真:©谷口雅彦

※運営にてランダムに選出した作品に平山夢明家元がコメントをくれます。(不定期更新)

※紹介された作品は最終審査には影響しません。

※最終結果は締切後に改めてすべての作品を対象に選出されます。

スケジュール&賞典

募集期間:2018年3月29日(木)~5月6日(日) 結果発表:2018年6月(予定)

賞典

「カイダンク」の初代家元、平山夢明(ホラー作家)が作品を評価!優秀作品にはダンク贈呈。ダンクの数により段位認定!

その1:本イベント終了時に合計5ダンク以上獲得した方全員に、twitterで使えるカイダンクオリジナル カバー画像をプレゼント!※第二回カイダンクイベントのみ対象です その2:ダンク数に関わらずダンクを獲得した方全員に平山夢明家元からの講評プレゼント! その3:本イベントへ投稿された作品の書籍化検討!

※ダンクとは、平山夢明家元から付与される作品の面白さの指標です。受賞作品1本につき、最大5ダンクまで付与されます。 ※カイダンクオリジナル画像は、Twitterアカウントを作品かユーザーページに記載された方に限り、イベント終了時にTwitterのDM機能より贈呈いたします。 ※複数ダンクをもらった方は、ダンク数が大きい方を画像として贈呈します。同数の場合は両方贈呈します。

募集内容

募集内容:たった一句で怖い怪談を募集! 面白くて怖い、よく考えたら怖い、など 2~3行でインパクトのある怪談を投稿してください!平山夢明家元よりメッセージ:「『怪談と親の小言は短けりゃ短い方がいい!』をモットーに、とにかく短くて怖いものを読ませてセニョーレ!呑み会やデート、会合でも恐がれるような短いカイダンク(怪談句)を気軽に作って大いに遊びましょう!」

応募要項

1:募集期間内に新規投稿・公開された作品であること。※非公開作品は審査対象外となります。 2:何本でも投稿OK。ただし、小説1タイトルにつき、投稿は1本のみです。※複数応募される際は、新たに小説を新規作成してください。 3:分量の規定は設けませんが、推奨は100文字以内、2~3行程度。 4:完結設定をする必要はありません。

※シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。

※エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。

※投稿後の作品編集は不可。

※エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞に応募中の作品・過去に応募し受賞した作品は選考対象外とします。

平山夢明家元の最新情報

このイベントは受付を終了しました。

応募するにはログインしてください。

会員登録する

参加作品を見る