ありす@低in中

とうとう読み終わっちゃいました。 出来るだけ長く楽しみたかったから、細切れに読んでいたのに(笑) 桜の花びらにおまじないをかける紗智。 それをきっかけに岳人くんと出逢うシーンがとても美しくて、まるで映画のワンシーンみたいでした。 内向的な性格から自分に自信が持てなかったり、岳人くんに素直な気持ちを打ち明けられなかったり…読んでいて、自分の思春期を振り返っている気分で。 人気者な彼に、嫉妬でいじめを始めるクラスメイト、いつも隣で見守ってくれる親友。 みんながそれぞれに個性があって、臨場感もあって、当時の初々しい日々の日記を読み直したような気持ちです。 終わりが近づいてもどう転ぶのかわからない展開にちょっとハラハラしたけども、最後はハッピーエンドで完結して良かったです。
1件・5件
ありすちゃん!!いつも沢山の応援ありがとう(TT) 本音を言ってしまうと… まだ終わりにしたくなくて… 自分の中でも紗智と岳斗の関係を焦らしてた(笑) 辛い事もあるけど、恋ってこんな感じだったかなって、過去を振り返ってみました( 〃▽〃) レビューありがとう(^人^)
4件
うんうん! 恋って、楽しい嬉しいだけじゃなくて、ツラい苦しい切ないって気持ちもそれ以上にあるよね。 「君を想う」にはその気持ちもすごく込められていて、それがすごく当時を思い出させた。 機会があれば美和目線の話とかも読みたい♪ 次回作、期待してます(*^▽^*)
1件3件

/1ページ

1件