自然に湧き上がる気持ちというのは、どうしてこれほどまでに歯止めが効かなく、かつ美しいのでしょう。 誰かを愛するという気持ちはいつの時代も物語に歌にと賛美されているのに、それが少しでも枠から外れると一転して罪となってしまうやるせなさ。 その情感が降りしきる雨の表現と呼応して、素晴らしい相乗効果をこちらに届けてくれます。 悲しい涙の粒。 押し寄せる感情の波。 ひとときの煌めき。 柔らかな描写で包み込まれるような、切なさが胸の内に優しく烟るような作品です。 引き続き続編を楽しく拝読したいと思います。
1件・4件
ありすさん、こんばんは。 「優しい雨」に素晴らしいレビューをいただき、本当にありがとうございました。 作品よりも素敵な、まるで物語のような美しいレビューに、大感激しています。 読んでくださって、ありがとうございました。 これからも、どうぞよろしくお願いします。
1件3件
柴谷さん、こんばんは♪ すでにたくさんの素晴らしいレビューの中に私の拙いものを紛れ込ませるのは恐縮でしたが(^-^; わずかでも読んだ感動をお伝えできたなら幸せです(*´ω`*) こちらこそ、いつもありがとうございます♪
2件

/1ページ

1件