有栖川 露陰

『上兵伐謀。其次伐交』孫子 非常に見事な史劇だなあ、と感嘆驚嘆の連続でした。 近代史、しかも現代と殆ど地続きの昭和初期を舞台に(そのうえ、陸軍が主役で!)虚実を巧妙に織り混ぜたロマンがエブリスタで読めるとは贅沢此処に極まれり!と言わざるを得ません。 陸軍についての考証の細やかさは他のレビュアー様も挙げていらっしゃる美点ですが、昭和初期の将校文化への言及や軍事顧問の話などニヤリとしてしまうネタがちりばめられていてミリタリー系小説としても素晴らしいと思います。 中島三千恒氏『軍靴のバルツァー』ファンなので将校の生活やお仕事小道具など、軍事文化に丁寧な描写がある作品は滅茶苦茶嬉しいです。 (軍服の改造とか。昔から将校さんの軍服って自弁なんですよね。映画『ワーテルロー』でも英軍士官の軍服の仕立てがダンモア通り云々という台詞ありますね) 要望(という名の無茶な願望です)があるなら只一つ。是非とも今後、軍閥サイドの物語とか清朝末の物語も手掛けていただきたいなあ、という点のみです。 作中では散々な言われようの張作霖ですが、無学ながら列強の相剋の只中で一代の雄として飛躍していく様は浪漫に溢れてるよなあ、なんて思います。 最後に素朴な素朴な質問なのですが、南泉は墺人の血を引く設定ですが、日墺混血の名士としてクーデンホーフ=カレルギー伯爵夫人の青山ミツや、その子息リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーを思い浮かべました。 設定の下敷きになった史実はあったりするのでしょうか?
7件・2件
露陰さん、 このたびは拙作に感動的なレビューをお寄せ下さり、恐悦至極に存じます…! この時代は『穴』なんです。226事件なんかは、雰囲気的には大好物ですが資料本がありすぎて、イザ勉強するとなると資料の読み込みだけで厖大な時間がかかるし、歴女の腐の方は結構226は履修済みだったりするので、オリキャラ混ぜるなんて厳しいツッコミが殺到しそうで怖い→226関係は書けない 満州事変→陸軍が脚光を浴びた時代なので書きたいけれどこれも資料が多すぎて困惑&戦争に突入してゆく未来しかなくて、ハッピーエンドが想像しづらい 太平洋戦争もの→生々しくて、人が死にそうだし悲劇っぽいの無理&そもそも日本軍の軍服がダ
1件
あけましておめでとうございます! 今年も、何卒よろしくお願いいたします。 『穴』ですか。226履修済みが普通な界隈って凄いですね。何だか、かなり難しく入り組んでる内容で自分はざっくりしか分からないので。。。 226作品といえば高倉健さん主演の『動乱』は人物が皆、名前を変えてあるんですよね。 たぶんオリキャラですが高倉健と一騎討ちする農村出身の憲兵士官(演:米倉斉加年さん)とか出てて面白かった記憶があります。 満州事変は未来を知ってると重過ぎますよね。板垣征四郎、石原莞爾とか大物絡みますが幕引き含めて物語のもってき方難しそうですね。 太平洋戦争は。。。厳しすぎますね。軍服は九八式でしたっけ
1件

/1ページ

1件