受賞

謀略の夜に抱かれ

1928年、動乱の北京。同期と再会し、翻弄される(旧陸軍将校モノBL/ML)

Misao(操)

BL 完結 過激表現
7時間29分 (269,185文字)
執着心の強いエリートと強気な受けのコンビです。「天下分け目のBL合戦」新書館ディアプラス特別賞をいただきました。

1,946 2.2万

あらすじ

時は1928(昭和3)年。北京で情報収集と諜報の任務につく柚木実充(さねみつ)陸軍大尉の前に、因縁の同期・南泉が突然『上官』として赴任してくる。 そのころ実充は本国の方針に反する、とある危険な裏工作に

感想・レビュー 12

伝えたい事があり過ぎて纏まりません!!

物語の設定の基礎がしっかりとしていたので、架空と織り交ぜられて作られたお話だとわかっていても、実際に存在した軍人の話ではないのかと思えるほどの内容でした。 全てが架空ではない分、「あ、これって歴史で
3件1件
『上兵伐謀。其次伐交』孫子 非常に見事な史劇だなあ、と感嘆驚嘆の連続でした。 近代史、しかも現代と殆ど地続きの昭和初期を舞台に(そのうえ、陸軍が主役で!)虚実を巧妙に織り混ぜたロマンがエブリスタで
ネタバレあり
7件2件
ありがとうございます。ありがとうございます。 本編では、南泉は確かに、実充を手に入れるまで、色々策を講じて来たと思いますが 帰国してからの二人は、もうお互いが離れられなくなっているのがよくわかります。
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る