A.I.やヴァーチャル・アイドル等、実体の無い者が精神の真似事をし寵愛を受ける昨今、魂不在の彫像にしか持ち得ない無機質を欲す背徳の愛の物語は狂気的だけど美しささえ感じます。この短編はピグマリオンが己の原点に立ち戻れば起こり得るだろうオルタナティブな神話かもしれません。
深みのあるご感想をありがとうございます。おっしゃるとおり狂気的な作品ですが、受け入れていただいて嬉しいです。

/1ページ

1件