我がガラテアに望む

どんなに美しくたって、動いていちゃいけないんだ。

12 374

7分 (4,173文字)

あらすじ

神話のピグマリオンは、理想の女として一つの石像を作り上げ、それを溺愛した。 その愛は神に認められ、石像は命を得た、が。 俺にはとても理解できない。 なぜ愛する人に、動いてほしいなんて思ったのか。 …

サブジャンル

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

ピグマリオンの失望

ピグマリオンは、ガラテアに命が吹き込まれた時、違和感を感じたかもしれませんね。こんなはずじゃなかったと。 他の作品もそうですが、作者さんの空気感が素晴らしい。
情景の描写が良かったです。主人公の心理描写も巧みに表現されていて、引き込まれました。 良い作品に出会えました。

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る

その他情報

公開日 2019/1/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る