ピグマリオンの失望

ピグマリオンは、ガラテアに命が吹き込まれた時、違和感を感じたかもしれませんね。こんなはずじゃなかったと。 他の作品もそうですが、作者さんの空気感が素晴らしい。
情景の描写が良かったです。主人公の心理描写も巧みに表現されていて、引き込まれました。 良い作品に出会えました。

※このコメントはネタバレを含みます

えもいわれぬ、美しいお話でした。 短い感想で申し訳ありません。しかし、そうとしか言えないのです。愛と驚愕と悲嘆、背徳……まさしく、彫刻のように美しいお話でした。

/1ページ

4件