勇者の野郎が使えない

何で俺が勇者のお守りなんかを。

紫奇

50分 (29,972文字)

262 96

あらすじ

彼は剣士、城に仕えいずれは昇格する予定だった。 しかし、勇者のお守りを言いつけられ、勇者は勇者で子どもよりも弱く、しかし聖剣は勇者しか使えず。 勇者ハーレムは剣士を敵視し、しかし毎回勇者ハーレムを

タグ

感想・レビュー 1

全73ページ

この作者の作品