白銀の旋律

ある日銀時が小さくなった。そして

†白銀ノ月†

歴史・時代 休載中
5分 (2,542文字)

501 63

あらすじ

ある日 万事屋オーナーの 坂田銀時が消え 天ぱの子供が万事屋に現れた その子供は 見た目は銀時なのだが 新八、神楽たちとの記憶さえも絶たれていた 小さな銀時は 新八 神楽などを拒絶

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る