華桜新撰組

日本、動乱の時代。 時を越えて少女は恋をする…。

乃愛

4時間23分 (157,700文字)

7,458 3,955

あらすじ

ある日道場の一人娘、小木華桜の前に一匹の黒猫が現れた。 「どうか我が主をたすけてくれまいか…。」 そう頼み込まれ華桜はあっさりOK。 連れて行かれた先は男達が己の信念の為に戦った時代。

シリーズタグ

感想・レビュー 6

教えて白虎の章。 読み飛ばしても良いと書かれているけど、なんとなく雰囲気だけで読んできた人にも時代背景がわかりやすく書かれていてとても良いと感じました 別の作者さんの他の作品を読むにしても1度目を通し
内容が深すぎずあっさりとしていたのでページ数のわりにサラッと読めました。 後半の方の大きな出来事等が書かれていなかった為、あの部分はどうなったのだろう。どう終わらせるのだろう。という不安が途中で生まれ
1件
最後の最後で泣きました。 とても良かったです。
13件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る