放課後図書室

放課後の図書室は、私と早瀬君の静かな時間が流れる、遮断された空間。

麻沢 奏(イアム)

恋愛 完結
14分 (7,903文字)

9万 10.5万

あらすじ

※スターツ出版文庫より、書籍発売中。 こちらは原作であり、書籍とは一部内容が違います。 *** 高2になった。 学年が変わった。 クラスが変わった。 教室から見える景色が変わった。 図書委員になっ

シリーズタグ

感想・レビュー 44

放課後美術室の文庫版を読ませていただいて、とても良かったので、放課後図書室も気になっていました。 ゆっくり進んでいく感じが心地よくて、二人の空気感も素敵で、安心して番外編まで読めました(^.^) 大好
2件
自分が30歳過ぎてから、 学園ものって、ちょっと内容が若過ぎて、 あまり読まなくなってたんですけど、 この作品は全然そんな事感じなくって‥‥ 自分の学生の頃を思い出して 共感したり 主人公の気持
3件
「図書館もの」が好きなので、タイトルにまんまと釣られて、一気に読んでしまいました。  上手いなぁ。どうやったらこんな風に書けるのか…自分も修行僧になるしかないのか。(笑)  文句なしの★5つです。  
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る